かぜの予防方法

① 早寝早起きで睡眠を十分とる
   寝つかれないときは、入浴してからだを温めたり、軽い体操で眠りを誘う
       ようにします。
   また規則正しい生活習慣を心がけましょう。
② 極端な偏食をしないことかぜに強いVC・VE
   日ごろからバランスのとれた栄養を心がけ、とくに
       ビタミンC、Eを多く含む食品は積極的にとります。
   ビタミン不足は感染に対する抵抗力が弱まります。
③ からだを鍛える
   日ごろから、からだを鍛えておきましょう。自分にあった運動、体操、
   ウォーキング、ジョギングなど継続することが大切です。
④ 厚着をしすぎないように
   必要以上の厚着は避け、活動しやすい服を着ましょう。薄着の奨励、
       乾布摩擦などで健康体を。
⑤ 汗をかいたままにしない
   運動などで汗をかいたら早くふき取り、下着を取り替えて、からだを
       冷やさないようにします。
   からだの冷えは病気のもとです。入浴できれば最適です。
⑥ 室内の換気と湿度に注意しましょう
   室内で暖房器具を使う場合は、ときどき窓をあけて新鮮な空気と
       入れ替えます。
   またウイルスは乾燥をこのみますから、室内の湿度低下にも十分
       注意しましょう。子供は風の子元気な子
⑦ 外出後は、手洗いやうがいを習慣づける
   人込みの多いところはかぜの
       ウイルスに感染しやすくなります。
   外出から帰ったら、必ずうがい、
       手洗いを行いましょう。



inserted by FC2 system